フットケアで足のにおい対策万全に

フットケアで足のにおいを万全に

みなさんは足のケア、きちんとしてますか?

夏にサンダルを履いていた時期ならケアしていたけれど、

冬はケアも怠りがち……

そんな方も多いのでは。

実は、フットケアって、足のにおい対策にとっても効果的なんですよ。

とくに寒い冬は、いつも靴下を履いていたり、靴の中もムレがちです。

冬こそきちんとフットケアをしないと、足のにおいがどんどんヒドくなるんですって。

ですから、面倒くさくても、きちんと足のケアをしたいものですね。

今回は、冬のシーズンにおすすめのフットケアをご紹介します。

足のにおいにお悩みの方は、ぜひ対策にお使い下さいね。

 

ashinonioitaisaku1

 

つめの周りをきれいに

冬になると足先チェックを怠りがちになりますね。

足のつめが伸びすぎていると、つめの間に雑菌がたまりやすくなって、

イヤな匂いの元となります。

また、定期的に甘皮を処理することで新陳代謝が高まり、

健康的な爪になります。

ですから、つめをきれいに整えることは大切なのです。

入浴時には、フットブラシや使い古しの歯ブラシで、

丁寧につめの間を洗う習慣をつけましょう。

 

角質除去をしっかりと

あなたは、足のかかとが固くなっていませんか?

固くなった角質の部分は凸凹していることから、

雑菌がたまりやすくなっています。

定期的に角質を取り除くことは、足のにおい対策に繋がります。

バケツや洗面器に適温のお湯をはって、足湯をしてみましょう。

15分ほどお湯につけて足がふやけたところで、

軽石や専用の角質とりで、ていねいに角質を取り除きます。

角質を取り除いたあとは肌にダメージがありますので、

フットクリームをきちんと塗ってケアしましょう。

冬のフットケアが足のにおい対策に繋がることが

お分かりになりましたでしょうか?

簡単に足の臭いを無臭にしたい人は、足用の制汗剤AHC30フォルテ。

足サラサラが数日間も続きますよ。

 

 

        
Top