正しい靴選びで足の臭い対策を

正しい靴選びで、足の臭い対策を

靴を脱ぐとプーンと鼻につくイヤな臭い。

自分の足が臭うのも恥ずかしいものですし、

人の臭いを嗅ぐのもイヤなものですね。

お互いに気持よく過ごせるように、足の臭いのマナーは守りたいものです。

足の臭いを防ぐには、靴の中を蒸らさないこと、

不潔なままにしないことがとっても重要です。

しめった靴の中は雑菌にとって絶好な繁殖地。

いつも湿ったままにしておくと、靴の中で雑菌が繁殖して、

それらがイヤな臭いを放つのです。

ですから、靴が湿ったときには消臭スプレーをかけて、

防湿剤や丸めた新聞紙を詰めておくことをおすすめします。

実は、正しい靴選びも足の臭い対策にとっても有効なことをご存じでしたか?

正しく靴を選ぶことで、足の臭いを軽減させることができるんですよ。

今日は、そのポイントをお伝えしましょう。

 

【1】蒸れない素材を選びましょう

エナメルやビニール素材など、通気性の悪い素材の靴は蒸れやすいものです。

空気の循環が滞ると、雑菌があっという間に増えていきます。

足の臭いが気になる方は、本革やコットン地などの天然素材を選ぶとよいですね。

 

【2】足にあったサイズを選びましょう

 靴のサイズがきつすぎても大きすぎてもいけません。

無意識にストレスを感じ、汗をかく量が増えてしまいます。

足が靴の中でリラックスできるサイズを選びましょう。

 

【3】中敷きを入れましょう

内側がビニール素材になっている靴を直接に履いてしまうと、

汗の出口が無く、蒸れの原因に繋がります。

消臭・殺菌効果のある中敷きや、麻などの天然素材の中敷きを併用することで、

足の臭いが減少できます。

ただし、同じ中敷きを長期間入れっぱなしにしていると

雑菌が繁殖してしまいますので、時々洗ったり、

天日に干して清潔に保つことをおすすめします。

 

いかがでしたか?

みなさんも足にあった靴を選んで、足の臭い対策を行なってくださいね。

靴選びとともにおすすめしたいのが、スイスの制汗剤AHCシリーズです!

        
Top