手軽にできるフットケア

手軽にできるフットケア

夏になると、足の裏に汗をたくさんかいて、サンダルがズルズルすべる……。

このサイトをご覧のみなさまの中には、そんな経験をお持ちの方も多いでしょう。

私もその一人で、サンダルが汗ですべると歩きにくいし、

ストラップの周りに靴擦れができて、ほんとうに困ってしまいます。

足の裏には、体のほかの部分よりも汗腺がたくさん集中しているから、汗をかきやすいのです。

脇の下や背中のように人目につくところではないので、

汗をたくさんかいても目立ちにくいのですが、

一番困ることは……そう、臭いです。

足や靴下、靴についたバクテリアや雑菌が、

体温のぬくもりと汗の湿気で繁殖して、あのイヤ~な臭いを発生します。

ですから、足汗とそれに伴う臭いの対策は、常に足を清潔に保ち、

菌の繁殖を妨ぐことがとなります。

それでは、簡単にできる足汗対策、フットケア方法をご紹介しますね。

 

足をていねいに洗いましょう

皮膚の上のバクテリアや菌を完全に取り除くことは不可能ですが、

多く集まっている場所をきれいにお掃除することで、繁殖を減らすことはできます。

毎日のシャワータイムに、足をしっかり洗いましょう。

まんぜんと洗うのではなく、足の指の間や、爪の隙間を、

専用のフットブラシや使いふるしの歯ブラシを使って、ていねいにこすります。

また、かかとの角質も定期的に削るとよいですよ。

冬の間は、お湯に酢を少し入れて足湯をすると、殺菌をしながら体を温めることができてオススメです。

 

靴のケアをしっかりと

靴の中にも雑菌はたくさん潜んでいます。

毎日同じ靴を履き続けると、靴の中の湿気が乾かないため、雑菌が繁殖してしまいます。

靴は何足か揃えておき、毎日ローテーションで使うことが鉄則です。

靴を使った後は、すぐに靴箱にしまうのは避けて、靴専用の脱臭剤を入れて、玄関に並べておきましょう。

靴箱天気の良い日は、風通しのよい場所に靴をおいて、虫干しすることをお勧めします。

 

消臭効果のある靴下

1日同じ靴下を履き続けていると、じっとりとしてしまう汗かきさんもいるでしょう。

そんな方は、スペアの靴下を常備して、「汗ばんできたなあ」と思ったら、すぐに取り替えるとよいでしょう。

最近では、竹炭や新素材を使った防臭(抗菌)靴下も色々と市販されていますので、

そういったものを活用したり、靴を脱いだら消臭(抗菌)

フットスプレーをシュッとひと吹きさせるのを習慣づけると、

足の臭いで悩まされることも徐々に減ってくるでしょう。

このように、足汗と足の臭いを減らす対策はいろいろありますが、

一番効果的なのはやっぱり足用の制汗剤、AHCフォルテを足に塗ること。

是非お試しくださいね。

        
Top