やっかいな冬の足汗とそのにおいに

冬の方が困る足の汗とにおい

冬になると、足汗とにおいに悩まされる方が増えるそうです。

えっ、汗やにおいって、夏の方が困るんじゃないの?

と、思ってしまいますが……、実は、ノンノン、

冬のほうが汗や体臭が発生しやすいのだそうです。

そもそも汗とは、人間が体温を高める基礎代謝の時に

発生するもの。

人間は恒温動物ですから、体温を一定に保つために

エネルギーを発散します。

冬は体温と外気温の差が激しいため、より多くのエネルギーを

発散しなければなりません。

ですから、夏よりも冬のほうが汗をかきやすいのです。

そのうえ、冬は暖房のきいた室内にこもりがちです。

冬に着る服も、熱を逃がさない構造になっています。

とくに、肌が服に密着しやすいわきの下や、

帽子の中 、足の裏は、汗をかきやすくなっているのです。

このように、冬には汗をたくさんかいてしまうのですが、

もう一つ、冬の問題点があります。

夏に比べて、冬場は衛生観念が低下する、という点です。

夏はTシャツなど薄い生地の服を着るため、

汗をかくとすぐに不快感を感じます。

不快なので、頻繁に服を着替えたり、洗濯を心がけます。

これにより、衣服についた汗や雑菌は繁殖する前に洗い流されるので、

清潔で臭いもなく過ごすことができます。

また、夏はサンダルばきが多いことも、足汗やにおい減少に一役買っています。

しかし、冬は、夏に比べて衣類を頻繁に取り替えたりしません。

冬服が厚地であること、洗濯をしてもすぐに乾かないことも関係しています。

同じ服を何日も繰り返し着たり、同じブーツを連続して履いていると、

繊維の間で雑菌が繁殖して、イヤな臭いの元となります。

また、冬はお風呂やシャワーを浴びるのも面倒になり、

肌が不潔な状態になります。

肌が不潔な状態でいると、そこを洗い流そうと自浄作用が働いて、

汗がさらに出てしまいます。

このように、夏よりも冬のほうが、汗やにおいの原因がとても多いのです。

冬に、足汗や足のにおいをスッキリさせたいな、

とお思いの方には、話題沸騰の制汗剤AHCシリーズがオススメです!

足には専用の「AHC30フォルテ」をお試し下さい。

さわやかな使い心地で、冬の汗もすっかり忘れることができますよ。

        
Top