汗をかくとかゆい…。アトピー肌の方の汗対策

汗をかくとかゆい…。アトピー肌の方の汗対策

汗をかくとかゆい

アトピー肌(アトピー性皮膚炎)の方は、ちょっとした刺激や汗でかゆみや赤みが増してしまいます。原因はまだ究明されていないようですが、アレルギーを起こしやすい体質、皮膚のバリア機能が弱い人に多いものとして認識されています。

汗をかくとかゆい、というのもアトピー肌の方にとって共通のお悩みですね。汗とアトピー肌の関係は、医学会でも色々な見方があるようです。

 

アトピーの方の大半が「汗をかきにくい」

理由こそわかっていませんが、アトピー肌の方は汗をかきにくい傾向にあるといわれています。新陳代謝が良くなかったり、炎症反応で汗をつくる細胞が壊れていたりという理由のようです。このことも手伝ってか、「慣れない汗をかくとかゆい」という状況を招くのかもしれません。

夏場に皮膚科が混雑するのも、汗の季節という理由からです。あせもや水虫など、汗に関するトラブルが多くなるシーズンですが、アトピー肌の悪化も汗を理由としている面があります。

 

汗をかいたほうがいいの?かかないほうがいいの?

汗をかいたほうがいいのか、かかないほうがいいのか、は、その方の皮膚の状態による、というのが医師の見解のようです。

汗をかいたほうがよい、とする理由は、

・汗によって角質が潤い、肌のバリア機能がアップする

・体温が上がることでかゆみが増すので、汗をかき体温を下げることも有用

・汗に含まれる抗菌物質が肌を守る

が挙げられます。

一方、汗をかかないほうがいい、とする理由は、

・汗が肌にとどまることで、pHがアルカリ性になってしまう

・かゆさから「かきむしり」が再開してしまう

が挙げられています。

 

だけど、汗はかいてしまうもの…どうすればいい?

汗をかくとかゆいアトピー肌ですが、それでも春夏は汗を避けては通れません。大切なのは、「汗をかいたらすぐにふき取る」という清潔行動です。

汗が皮膚の上にとどまり続けると、皮膚上の正しい菌のバランスが崩れてしまうことが懸念されます。汗をかいたままにせず、汗に気づいたらすぐにふき取れるよう汗拭きシートを常に持ち歩くようにすると安心です。肌を刺激しないよう、アルコール成分の入っていないものがベストです。

 

自律神経の不調によるアトピー肌の場合

アトピー肌は、アレルギー性のもの、自律神経の不調によるものといくつかの原因があります。もしも自律神経不調によるものだとしたら、お医者さまから「ストレス解消法を見つけてください」「適度な運動もいいですよ」と言われているかもしれませんね。

そのようなアドバイスを受けた方なら、思い切って運動をしてみてはいかがでしょう。かゆいと感じたら汗を拭くことさえ習慣にすれば、少しずつ運動量を増やしていくこともできるかもしれません。

汗をかくとかゆいから…とびくびくすることもまた、ストレスの原因となってしまいます。いざとなったら病院へ駆け込めるウィークデーに軽い運動を始めるところからスタートしてみてください。

 

汗をかいたら入浴も

高い温度のお湯に触れるとかゆくなるのがアトピー肌ですから、お湯の温度はぬるめに設定を。

きちんと湯船に浸かり、肌をやわらげましょう。ボディーソープやシャンプーは、お医者さまに勧められたものを最少の量で使用します。

肌を刺激しては大変ですから、ごしごしとこすらないようにしてください。きちんと湯船に浸かれば、それだけで粗方の汗や皮脂は落ちるとされているくらいですから、無理をしなくても大丈夫です。

 

お医者さまの指示に従って汗と上手に付き合う方法を見つける

アトピー肌は、通院したからといってすぐに治るものではありません。お医者さまと相談しながら、自分に合った汗との付き合い方を探っていくことが重要です。自分自身の肌の状態がどういったものなのか、原因は何なのか…。それをきちんと見極めてくれるお医者さまがいてこそ、自分なりの汗との付き合い方がわかってくるというものです。

長期にわたってお世話になる病院ですから、相性も大切。あなたの悩みにきちんと耳を傾けてくれる先生を見つけることも、つらい症状を早くおさめるためには必要なことです。

しっくりくる先生を見つけられるまで「病院ジプシー」をしてもいいのではないでしょうか。根気強く、あなたの感覚にフィットする病院を探し出してください。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

        
Top