臭いやベタつき…汗の成分とは?

臭いやベタつき…汗の成分とは?

臭ったり、ベタついたり…汗の成分とは?

冬でも気になることのある汗。ニオイのモトとなる上に、衣服が肌に張り付くあの嫌な感覚、ベタつき…。厚着をする冬だからこそ気になってしまうものかもしれません。冷たい風が吹きすさぶ屋外と、暖房の効いた室内を行ったり来たりする季節は、夏とは違った汗問題が発生しています。

今回は、汗の成分についておさらいをし、ニオイやベタつきの理由を調べることにしましょう。

 

汗のほとんどは水分!

汗は、何らかの理由で体温が上がりすぎた時に、自分の身体を冷やし、守るための大事な役割を担っています。特定の病気でもない限り、暑さを感じたときににじみ出るのが通常ですね。

では、汗のモトとなる液体の“原料”は何なのでしょうか。そうです。血液なのです。汗を出す汗腺(エクリン腺)が血液の血漿を汲み取り、塩分など身体に大切な成分を血管へ戻した後汗を発します。このサイクルが正しい場合、汗の約99%は水分となっています。

汗腺の働きが鈍っている時は、身体に大切な成分を血管へ戻す働きも鈍っています。このような時には、本来血液中に戻すべき物質が増えてしまい、ニオイがしたりベタついたりする汗となってしまうのです。

 

アポクリン腺から排出される物質がニオイのモト?

アポクリン腺と呼ばれる汗腺の存在も、もうご存知でしょう。ワキの下や陰部に多くあるもので、分泌する汗の成分のほとんどがタンパク質や脂質です。ニオイがしたり、ベタついたりする汗は、おおむねこのアポクリン腺からの汗と考えてよさそうです。

アポクリン腺から出る汗もそもそもは無臭ではありますが、皮膚の表面に常にある菌によって分解されると、独特のニオイを発するようになります。また、衣服の脇の下に接する部分などのシミになってしまいます。

このアポクリン腺から出る汗を「臭わない良い汗」にするには、食事の内容を見直すことが近道です。アポクリン腺からの汗が酸化することもニオイの原因ですから、体内に取り入れる脂質を酸化しにくいものに切り替えることが大切なのです。酸化しにくい脂質の代表格はオリーブオイル。炒め物やドレッシングなど、どうしても油を使わなければならないお料理にはオリーブ油を取り入れると良いかもしれません。

 

入浴方法の工夫でニオイとベタつきを洗い流しましょう

身体からにじみ出る汗や脂といった成分は、体温以上のお湯にじっくり浸かることでほとんど解けて流れていきます。まずは湯船に浸かることから始めてみてください。

皮膚の表面にある常在菌(良い菌)を必要以上に洗い流さないこともとても大切です。常在菌が減りすぎると、黄色ブドウ球菌などの有害な菌が繁殖することにつながり、汗臭さやアンモニア臭などを招くことになります。

アルカリ性の洗剤を使用することはご法度。そもそもの肌の表面のpHに近い弱酸性のボディーソープや石鹸で優しく洗うことが大切です。余計な脂分は落としながらも必要な皮脂を残し、常在菌をキープすることがニオイを防ぐ視点では有効なのです。

 

ストレスや疲れも、ニオイのモトです!

「汗からアンモニア臭が!その原因と対策方法」でもお伝えした通り、疲れやストレスが汗のニオイを招いてしまうことがあります。

エクリン腺から出る汗のほとんどが水分であっても、疲労の蓄積やアルコール飲料の摂りすぎによって汗のアンモニア臭が増すことがあります。本来ならば肝臓で分解されるはずの成分であるアンモニアが汗腺を通って体の表面ににじみ出てしまうのです。

バランスの良い食事を摂り、充分な睡眠時間の確保によって、汗にアンモニア成分を取り込まないように心がけてください。

 

汗の成分を適切なバランスで保つためには…

汗独特のニオイのほとんどない正しい成分バランスを保つためには、健康的な食生活と疲れを溜めないことが重要です。そして、汗腺がベストな状態で働いてくれるよう、きちんと汗をかける体であることも大切です。

自宅でできる運動も取り入れつつ、ゆっくりと入浴し、じっくりと汗をかく習慣、ライフスタイルを目指すことが大切ですね。体調の問題で運動がむずかしいときは、岩盤浴でしっかりと汗をかくことでアンモニア臭や脂臭さを“出し切ってしまう”という工夫ができるかもしれません。

冬は夏ほどには意識して水分を摂らない方も少なくないものですが、汗のモトである血液をサラサラにしておくことも重要なポイントのひとつ。水分補給もおろそかにできないものです。

 

おわりに―普通の事を普通に、大事に

汗の成分バランスを崩さないよう、また、汗のニオイやベタつきを防ぐためには、健康の追求が何より大切でした。当たり前のことを当たり前に―。忙しさからなかなか時間の確保が難しい現代人だからこそ生活にメリハリをつけ、休むときは休み、身体によい食生活を心掛け、運動やお風呂で汗を流すことが大切です。

これらの行動は、単に汗の問題だけでなく、体調管理としても適切なものです。

さて、あなたはこの「健康的な生活習慣」のどこから着手しますか?

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

驚きの制汗力を、まずは
AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

        
Top