汗のニオイを改善する食生活のポイント

汗のニオイを改善する食生活のポイント

【画像】汗のニオイを改善する食生活のポイント

「人の身体は、自分が食べたものでできている」と言われますが、汗もまた同じです。自分が食べたものが体の中に入り、やがて汗となって出てくるので、自分が何を食べたかで汗のニオイも当然ながら違ってきます。では、いったいどんなものを食べたら、汗のニオイを改善することができるのでしょうか?

 

野菜を多めに摂る

緑黄色野菜には、体臭を軽減する「カロテン」などの成分が含まれています。カロテンの多い野菜といえば、代表的なのがニンジンです。毎日ニンジンを4㎝ほど食べると身体にいいそうですが、ニンジン嫌いの人も多く、なかなかそこまでは難しいかもしれません。サラダや炒め物、煮物などになるべく入れるように心がけて、あとはニンジンジュースを飲むというのもひとつの方法です。ニンジンのほかにほうれん草や小松菜などの青菜にも、カロテンが多く含まれています。「毎日1回青菜のお浸しを食べる」というのを、習慣にしても良いですね。

また、野菜を多めに摂ると腸内環境が改善されるので、それによって臭いの原因物質が分解されるという利点もあります。とはいえ、「野菜中心の食生活を」と言われても、なかなか多く摂取しづらいのが辛いところです。たとえば「食事は必ず野菜から先に食べる」と決めるなど、野菜を食べる習慣を、歯みがきなどのように“当たり前の習慣”にすることが大切でしょう。

 

外食の回数を減らす

日頃食生活に気を付けていても、外食の回数が多いと、どうしても塩分や糖分の摂り過ぎになってしまいます。塩分や糖分を摂り過ぎると、身体に吸収しきれない分が汗として排出されるので、汗のニオイの原因となってしまうのです。

また、レストランや居酒屋などで食べるものは、どうしても脂っこいものや肉などの動物性たんぱく質が多く、それがニオイの原因となります。「今日は友達とランチ」「今日は同僚と飲み会」と頻繁に外食をしていると、ニオイの悩みから解消されるのは難しいでしょう。1ヶ月に外食をする数を決めるなど、なるべく回数を減らすだけでも、汗のニオイはかなり違ってきます。もしどうしても断れない外食がある場合は、なるべく塩分や糖分の少ないメニューを選ぶように心がけましょう。

 

ニオイの強い食材を控え目にする

ニンニクやにらなどのニオイの強い食材には、身体から悪臭を放つ原因となる「アリシン」という成分が含まれています。これが体内で分解されて皮膚などから排泄されると、独特のニオイを放つので、ニオイの強い食材はなるべく控え目にした方が無難です。

とはいっても、ニンニクやにらは、スタミナ料理には欠かせない食材でもあります。まったく食べないというのは無理なので、「明日は誰とも会う予定がない」という日の夕食に、ニンニクやにらの料理を食べるというのもひとつの方法です。

 

肉料理を少なめにする

「肉料理をたくさん食べた次の日は、便のニオイがきつい」と感じたことはありませんか?肉料理をあまりたくさん食べると、腸内環境が悪化して体臭の原因となってしまうので、注意しましょう。

なぜかというと、腸の中には善玉菌と悪玉菌がいるのですが、たんぱく質は悪玉菌のエサになってしまうのです。悪玉菌がたんぱく質を食べると、「アンモニア」などのニオイの成分を大量に出し、便のニオイがきつくなります。さらにそのニオイの成分は血液にも吸収され、毛穴から汗などと一緒に排泄され、体臭となってしまうのです。

たしかに、菜食主義の人で体臭のきつい人というのは、あまりいないかもしれませんね。ノーミートの食生活は無理としても、なるべく控えることが、ニオイの改善につながるでしょう。

 

インスタント食品を控える

「お昼はいつもカップラーメンかハンバーガー、おやつはスナック菓子」という人がいますが、これはかなり危険です。インスタント食品やジャンクフードなどには「過酸化脂質」が多く含まれていて、これが腸内環境を悪化させ、汗のニオイをきつくするからです。汗のニオイと腸内環境とは非常に密接なつながりがあり、逆にいえば「腸内環境を整えれば、汗のニオイがかなり改善される」ということでもあります。

インスタント食品やジャンクフード、スナック菓子などは、いつでも手軽に食べられて美味しいので、「ついつい買ってしまう」という人も多いでしょう。もしも忙しくて料理が作れない場合は、コンビニで食事を買うときもカップラーメンではなくおにぎりを買うなど、工夫をすることが大切です。

 

お酒をほどほどにする

アルコール好きの人には辛い話ですが、アルコールを飲むと血液中にアセトアルデヒドが増え、皮膚などから排出されることでニオイの原因となります。「でも、お酒はやめられない」という人は、アルコールの代謝を促進するウコンなどのサプリメントを飲んだり、水分を補給するなどして対処しましょう。そして飲んだ後は十分な睡眠をとり、次の日の朝はシャワーをしてからでかけるとかなり改善されます。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

        
Top