汗かきたくないなら要チェック!おすすめの方法5

汗かきたくないなら要チェック!おすすめの方法5

汗をかきたくないなら要チェック!おすすめの方法5

どんな季節であっても、汗かきさんの願いは「汗かきたくない!」ですね。体質で汗をかいているのか、はたまた生活習慣に何らかの問題があって汗をかいているのかなど、原因によって対処法は変わってきますが、いくつかの方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

「汗かきたくない!」―食生活を整える

食品の中でも、汗をかきやすくするもの、汗を抑えるものがあるのをご存知でしょうか。

【汗をかきやすくなる食品】

・肉類

 (タンパク質は分解される時に体内で発する熱が炭水化物の約10倍)

・アルコール類

 (体温が上がるために汗を招いてしまう)

・熱い料理

 (食事をすれば体温は上がるのが普通、熱いものを食べればさらに体温が上がる)

・辛い物や酸っぱい料理

 (刺激により汗が誘発される)

【汗をかきにくい食品】

・豆腐や納豆

 (イソフラボンが副交感神経を刺激し、リラックス状態を誘う)

・ハーブティー

 (ローズ・ジャスミン・ラベンダーがリラックスさせてくれる)

・牛乳・イワシ・ごまなど

 (ストレスや緊張を抑えるとされるカルシウムが豊富)

日頃はバランスの良い食生活を心掛け、「汗かきたくない!」というシーンでは汗を誘発する食品を避けるようにすると良いかもしれません。

 

「汗かきたくない!」―ストレスを溜めないようにする

緊張を強いられる場面に遭遇すると、誰もが経験する汗。額や脇で実感する方が多いはずです。このような強いストレスにさらされる状況が続くと、交感神経と副交感神経とのバランスを崩す自律神経失調症を招くことも。

ひとつの仕事が区切りを迎えるまで、もしくはテストの前など、一定期間緊張状態に置かれると解っているときは、気持ちを解放するための時間をきちんと設けてください。「汗かきたくない!」という気持ちに応える体づくりと同時に、リフレッシュすることで仕事や勉強に新たな気持ちで向かうことができます。

趣味に没頭するのもよいことです。手軽に毎日行えることを挙げるならば、「ゆっくり入浴する時間」を作ること。日本の入浴スタイルに外国の人が驚くといいますが、バスタブに張ったお湯に浸かるというのは殊の外リラックスに効果があるよう。日頃はシャワーのみ、実際に“浸かる”という入浴法を初めて試みたそれらの人は「良く眠れて疲れが取れた」「リラックスできた」と喜ぶそうです。

日々の最大のリラックスタイムである睡眠時間を充分に確保することも必須です。意識的にリラックスするための時間を設け、ストレスを溜めないようにすることが重要なのです。

 

「汗かきたくない!」―汗止めバンドを使ってみる

汗をかく部分が脇や首筋、額など上半身に集中しているのであれば、「汗止めバンド」を使ってみることをおすすめします。これは、夏でも着物をきる舞妓さんも実践しているといわれる、古くから知られている方法。

これは、半側発汗と呼ばれる人体の反射現象を利用したもの。体の片側を圧迫すると、その圧迫した側の反対側で汗を発することを応用した“芸者の高帯”からヒントを得て商品化されたものです。

舞妓さんにとって、おしろいで装ったお化粧を崩してしまうのはご法度。脇の下を通る位置にぐるりと細い帯を巻き付け、汗をその帯の下でかくようにしているのです。上半身の汗を抑えることができ、人目につく部分だけでも“涼しい顔”をしていられるのです。

このことについては、「恥ずかしくてベタベタする顔汗を止める4つの方法」でもご紹介していますので、時間のある時にお読みくださいね。

 

「汗かきたくない!」―脇の下や首筋などを冷やす

人目に付く場所の汗を一時的に止めるには、脇の下や首筋など、太い血管が通る場所を冷やすのも効果的です。夏場なら首筋を冷やすための保冷剤を仕込むスカーフを活用する方法があります。冬場でも、冷たいペットボトル飲料を購入して、脇の下に挟んでみたり、首筋に当ててみたりすることでしのぐことができます。

これから人に会うのに…そんなときには、この方法を試してみてください。

 

「汗かきたくない!」―汗そのものをピタッととめる制汗剤を

突然の汗ではなく、日常的に多く汗をかくことから「汗かきたくない!」と叫びたくなるほどのお悩みを抱えている方には、汗そのものを止めてしまう制汗剤の使用をおすすめしたいと思います。

日本の製品ではまだ珍しいものですが、私たちの取り扱う「AHCシリーズ」はまさしく汗をピタッと止めてしまう制汗剤。しかも、夜寝る前に使うタイプだから、忙しい朝の身支度の邪魔をすることがありません。汗が止まるのを実感できるまで数日続け、一旦使用を中止。次に汗が気になりはじめたら使用を再開すればよいのです。

まずは試してみたい…そんな方は、どうぞ無料サンプルをご請求ください。ご愛用者さまの体験なさったその効果を実感して頂きたいと思います。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

驚きの制汗力を、まずは
AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

        
Top