これで、恥ずかしがらなくてもOK
汗染みで目立たない色を公開

これで、恥ずかしがらなくてもOK
汗染みで目立たない色を公開

これで、恥ずかしがらなくてもOK。汗染みで目立たない色を公開

ついに汗染みが気になる季節に突入しました。

既に汗対策は万全、という方でもやはり気になる衣服の汗染み。

衣類の色にも配慮しなければなりませんね。

洋服の色によっては、汗を目立たないよう工夫ができます。

では、具体的に汗染みが目立たない色とはどのようなものでしょうか。

 

汗染みが目立つ「色の不思議」を知る

実は私たち人間は、本来の色を認識していないことが多くあります。

日光や室内照明という光が線維内で屈折し、乱反射しながら衣服表面に現れ、これを目にすることで色を理解しているのです。

この現象は、衣服の色を「本来より少し白味より」に見せていることが多々あります。

衣服に汗という水分が加わることで、その色の本来の色味が見えてくるという仕組みで「汗染み」と理解します。

そういえば、汗染みの目立つ色の代表にグレーがありますね。

グレーは「白×黒」で構成されていますが、汗の水分で黒が強調されることで汗染みがくっきりと見える訳です。

日頃お洗濯をし慣れている方はご存知ですが、洗濯機から出した直後の衣服の色と、乾燥した後の色が違うのは当然のこと。

これは上のような理由から起こっているのです。

 

汗染みの目立たない色―王道は「白」

白という色は、波長に偏りなくまんべんなく光を反射する色の代表です。

確かにお洗濯直後と乾いた後の色はほぼ変化がありません。

このため、白は汗染みが目立たない色として重宝するのです。

また、白は他の面でも万能選手です。

食べこぼしや汗による黄ばみを取るために漂白剤を使用することがありますが、この漂白剤による色褪せを心配せずにいられるのが白という色です。

遊び盛り・汚し盛りのお子さまを持つ子育て真っ最中のママたちにも、「いつでもざぶざぶ洗えて、漂白剤にも対抗できる色」として愛されています。

一つだけ注意点があるとすると、汗という水分に触れることで透けてしまうこと。

これをも気にされるのであれば、生地の厚みに注意をしてください。

 

汗染みの目立たない色―対極の「黒」

光を反射しないため、黒として認識される「黒」もまた、汗染みを目立たせない色の代表的なもののひとつです。

線維内に汗という水分が吸収されても、光の反射具合が大きく変化しないため汗染みとして認識されづらいのです。

実際には汗染みが生じていても、それを気づかせない色としては便利なものです。

しかも、白とは異なり、汗によって起こる“透け感”もほとんどないため、「ここぞ!」という時には選んで頂きたい色です。

ですが、一点だけ悩ましいことも…。

それは、汗に含まれる塩分が残りやすいということ。

汗が引いて衣服からも蒸発してしまった後に、何となく白っぽく見えてしまう繊維素材もありますので、時々チェックをしなければなりませんね。

 

汗染みの目立たない色―日本人の肌色に映える「紺」

紺もまた、光の具合によって汗染みを感じさせない色です。

濃いトーンの紺がベストです。

水分による透けも目立ちませんので、何枚持っていても重宝する洋服となってくれるはずです。

特にビジネスシーンにおいて、黒という色は悪目立ちしてしまうことがあります。

紺は汗染みを認識させづらい上に、黒ほどの威圧感がないことからも、使いやすい色といえるのです。

紺は、黄色味を帯びた日本人の肌色にも似合いますから、特に女性にはありがたい味方となってくれる色です。

汗染み対策ができる上に、清潔感を感じさせてくれるのですから、導入しない手はありません。

日本人は古来から紺が好き、と言われていて、藍染めの「藍色(インディゴ)」も伝統色として存在しますね。

 

汗染みを感じさせない―ツヤも大切

汗染みを感じさせないためには、色だけでなく、素材の質感も大切です。

マットな、べったりした質感のものよりも、ツヤやきらめきを感じさせる素材のものは汗染みを感じさせづらいものです。

お出かけ着など、どうしても「いつもとは違った色を」と思うシーンならば、ツヤツヤとした生地の物を選んでください。

 

柄物OKなら―流行中のマリンスタイル「ボーダー」も

単色は、どうしても汗という水分による色の変化を招きやすいものです。

もしもオフィシャルな場面で柄物もOKならば、流行中のマリンスタイルはいかがでしょうか。

汗染みを目立たせない色である白×紺の組み合わせですし、人目は柄に引き寄せられるために、更に汗染みを意識させずにすみます。

他の柄物も、この点ではメリットの大きなものです。

できれば、細かな柄がベストです。白をベースにしたものならば、目がチカチカする印象も与えず、爽やかに映るはずです。

 

おわりに

汗染みが目立たない色は、夏の強い日光とその反射の仕組みを知れば理解できるものでした。

水分を含んでも目立たず、漂白剤を使いやすい白は、夏の定番色ですね。

気になるシミも漂白剤でざぶざぶ洗える白の洋服は、清潔感を求められるビジネスシーンでも強い味方です。

黒や紺も、落ち着きやシックさを感じさせる色として重宝しそうです。

このような汗染みの目立たない色であっても、肌を清潔に保つためには汗そのもののケアも必要です。

ニオイのモトを作らないためにも、きちんと入浴し、適切な制汗剤の使用を心掛けてください。

見た目にも、すれ違った時のにおいも、「清潔感あふれる人」でいたいですね。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

制汗剤AHCシリーズ 詳細はこちら

 

使う度に臭わなくなる!ヨーロッパで大人気の体臭・加齢臭・ワキガ用フォーム

ブロメックス+詰め替え用セット

体臭・加齢臭・わきがにお悩みならこちら

        
Top