アポクリン腺の詰まりがトラブルに!れっきとした「病気」にまで発展?

アポクリン腺の詰まりがトラブルに!れっきとした「病気」にまで発展?

10.apocrinsen tumari

皮膚トラブルは私たちの気持ちをブルーにしてしまいます。人目につかない場所のトラブルもまた同じで、特にかゆみや痛みを伴うものは不快なものです。わきの下やシークレットな場所が赤く腫れ上がったことはありませんか。それはもしかすると、アポクリン腺の詰まりかもしれません。

 

その腫れは、化膿性汗腺炎かも

アポクリン腺は、脇や陰部に多く存在する汗腺のひとつです。独特のにおいを発することから、そもそもは異性をひきつけるためのフェロモンとして機能していたのではないかと考えられています。

このアポクリン腺から発する汗はタンパク質や脂質を多く含み、菌の栄養となります。アポクリン腺が何らかの理由で詰まり、アポクリン腺内で菌が増殖して炎症をおこして化膿性汗腺炎につながるのです。

発生する部位はとても柔らかい皮膚ですので、赤く固いしこりを生じることがあります。自分で触ってもわかるほど腫れ上がってかゆみや痛みを感じ、しばらく経つと膿が出て治まります。ときとして膿が溜まる膿瘍と膿瘍がつながってトンネル状になり、化膿性汗腺炎を再発する環境ができてしまうことがあります。繰り返し炎症が起きると、ひどいやけどの跡のようなケロイド状を呈します。

 

重ね着によるムレで化膿性汗腺炎が起こりやすくなる

衣類に汗の湿気が溜まり、常に皮膚を摩擦している状況だと、インナーや下着が皮膚の柔らかい部分を圧迫し、詰まりやすくなります。これは化膿性汗腺炎の原因菌である黄色ブドウ球菌などの好む環境です。

アポクリン腺だけでなく、皮膚のちょっとした傷から発生することもありますので、着替えや入浴時に肌を傷つけないようにすることも大切です。

 

清潔キープと、下着などによる締め付け回避が重要です!

入浴時、皮膚を傷めないよう、ナイロンタオルを使わずボディーソープの泡だけで手洗いをする方が増えていますが、化膿性汗腺炎予防の観点からも有意義でしょう。過去に化膿性汗腺炎ないしはこれに似た症状を経験したことのある方は、実践してみてはいかがでしょうか。お風呂上りにはしっかりと水分をふき取ります。

そして、下着も少しゆったり目のものを選んだり、ムレにくい綿素材のものをとりいれたりする工夫も大事です。ここ数年、男性女性問わず、ふんどしスタイルの下着が流行していますが、締め付け感がないことが好評の理由です。特に化膿性汗腺炎が起こりやすい足の付け根部分がとてもゆったりしていますし、締め具合の調節も自由ですので、着る物が増えてしまう季節にチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

 

再発を繰り返すようなら皮膚科へ

小さな腫れを繰り返しているようなら、大事になる前に皮膚科へ行きましょう。わきの下や陰部を診察してもらうのには恥ずかしさが伴いますが、お医者様も看護師さんもそこは専門家です。毎日似たような症状の患者さんと接しているのですから、こちらが思うほど意識はしていませんので大丈夫です。

慢性化したときは皮膚を切開して膿を出したり、再発しないように皮膚の移植での治療を行わなければなりませんので、早めの手当てが肝心です。

歯肉炎(歯周病)のような炎症が心筋梗塞などの重い病気を引き起こすのではないかとの研究が進んでいますが、化膿性汗腺炎と診断されたことのある人が心筋梗塞・脳梗塞の発生率が高いこともわかってきました。化膿性汗腺炎と死についての関係性は未だ明確ではありませんが、ひとつの統計結果として覚えておきたいものです。

アポクリン腺の分泌物が多い人は、耳垢が湿った感じになる傾向があるとされていますので、このようなタイプの方は特に注意が必要です。もしも耳掃除のときに湿り気を感じ、なおかつわきの下や陰部に腫れを伴うしこりが何度かできたことのある方は、思い切って皮膚科へ行ってください。

 

まとめ

不衛生にしているつもりはなくても、アポクリン腺の詰まりや炎症が起こりやすい環境にある冬。タンパク質や脂質を分泌するアポクリン腺の詰まりを解消するには、ぬるめのお湯にじっくり浸かることが必要です。できれば30分ほど浸かった後に体を洗います。

毎日は無理でも、週に1度のリラックスタイムを設けましょう。「明日は休み」という日なら無理なくトライできるのではないでしょうか。ゆっくりと体を温めると質の良い睡眠に入れるというおまけつきですので、まさに一石二鳥です。

長風呂が苦手な方は、水分補給をしながらお風呂用枕を使って入浴すると少し楽になりますので試してみてください。お風呂で使用する「濡れない書籍カバー」「タブレット用カバー」も販売されていますので、読みたくて読めなかったあの本の読破もできますよ。バスグッズを充実させて、冬の皮膚・体調管理を目指しましょう。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

        
Top