夏よりも秋の方が汗のニオイがきついって本当?

夏よりも秋の方が汗のニオイがきついって本当?

【画像】夏よりも秋の方が汗のニオイがきついって本当?

「そろそろ涼しくなってきたから、汗のニオイが気にならなくなるかな?」と思っていたとしたら、大間違い!実は、汗をたくさんかく真夏よりも、秋の方がニオイ対策をしっかりする必要があるのです。

では、なぜ涼しいはずの秋に汗のニオイが強くなるのか、その原因と、秋の汗のニオイ対策をご紹介しましょう。

 

【秋に汗のニオイが強くなる原因】

 

■汗が出るのに、夏よりも乾かない

夏は気温が高いので、汗をたくさんかいても、乾きやすいという特徴があります。それに対して、秋は汗をかきづらくはなるものの、まだ汗をかくという微妙な環境にあります。ところが、そのときにかいた汗が夏のようにカラッと乾くかというと、秋は気温が低くなるのでそうはいかないのです。皮膚の表面は汗が乾かないまま、ジットリとした状態になり、それがニオイの原因となってしまいます。

また、夏は水分をたくさん摂って、汗もたくさんかくため、汗の濃度が薄くなります。濃度が薄いとニオイも薄くなるため、強いニオイに悩むこともあまりありません。ところが秋は水分の摂取量が減り、汗の量も少ないので、汗の濃度がどうしても濃くなってしまうのです。このことも、秋に汗のニオイが強くなる要因です。

 

■上着をはおるので、通気性が悪くなる

さらに、夏は半袖やノースリーブを着るので肌が空気にさらされ、通気性が良い状態ですが、秋になると上着をはおるので通気性が悪くなってしまいます。このことで肌についている汗がムレた状態になり、ますますニオイがきつくなります。

 

【秋の汗のニオイ対策】

 

■脂っこい肉系の料理を控える

では、秋の汗のニオイを抑えるためには、どのようなことを心がけたら良いのでしょうか?まずは、食事に気を付けることです。ビーフステーキやポークソテー・鶏のから揚げ・ハンバーグといった脂っこい料理は、汗のニオイの原因になるので、なるべく控えましょう。食欲の秋なので、食べたくなる食材は他にもたくさんあります。たとえば栗ご飯や松茸ご飯・さんまの塩焼き・秋鮭のムニエルなど。旬の食材を活かした料理を楽しむことで、脂っこい料理を食べたい欲求も減ってきます。もしどうしても脂っこい料理を食べたい場合は、さっぱり系の料理の横に一口サイズのステーキを置いて、さっぱり系の料理を食べ終わったらステーキを食べると、脂っこい料理を少量で済ますことができます。

 

■ぬるめのお湯にゆっくりと浸かる

お風呂の湯船に入ることは、汗のニオイを改善するためにとても効果的な方法です。それも熱いお湯にサッと入るのではなく、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かるのがベストです。湯船に浸かると体温が上がり、血流が良くなります。そうすると新陳代謝が良くなり、身体の中の老廃物が体外に出て、ニオイの原因となる乳酸も排出されます。

また、湯船にゆっくり浸かることで汗腺が鍛えられて、いい汗を流す体質に変化していきます。一番お勧めの方法は、夜ゆっくり湯船につかり、次の日に朝シャワーを浴びて出かけることです。これを毎日続けるだけでも、かなり汗対策として効果があるでしょう。

 

■運動をして汗を流す

適度な運動をして汗を流すことも、汗のニオイを改善するために大きな効果があります。汗には「エクリン腺」という汗腺から分泌される汗と、「アポクリン腺」という汗腺から分泌される汗があります。夏はエクリン腺から分泌される汗の量が増えるのですが、エクリン腺から出る汗はほとんどが水分なので、ニオイもあまりありません。

では運動不足になるとどうなるかというと、新陳代謝が悪くなり、汗もあまりかきません。たまに汗をかくと、アポクリン腺から分泌される刺激臭を伴う汗が多量に出てしまい、汗のニオイが強くなってしまうのです。しばらく使わなかった水道管をひねると、蛇口から茶色い水が出てくるような感覚です。運動不足の状態が長く続くと、その水道管にあたる汗腺も衰えてしまうため、ますます状況は悪くなります。

毎日適度な運動をして汗を流し、汗腺を鍛えて新陳代謝を高めることが、汗のニオイ対策につながります。

 

■AHCフォルテを塗る

食事に気を付け、お風呂にゆっくり入り、運動して汗を流すこと。この3つを習慣化することができれば、秋の汗のニオイ対策としてはバッチリです。さらに手汗や足汗・足のニオイが気になる場合は、「AHCフォルテ」を塗っておけば、いつでも安心して出かけることができるでしょう。AHCフォルテは、スイス生まれのハイクオリティな制汗剤です。手汗や足汗・足のニオイに強い効き目があり、夜寝る前に少量をコットンに含ませて、汗を抑えたい部分にポンポンと軽く叩くだけ。汗をかかなくなったら使用をやめ、また汗をかきだしたら塗るだけで十分です。制汗力も数日間持続します。

「書き物をすると手のひらから汗が出て、紙がシワになる」「足汗が多くて、足のニオイが気になる」というような人は、ニオイ対策とともにAHCフォルテを試してみると良いでしょう。

制汗剤AHC20 センシティブ/医薬部外品

   驚きの制汗力を、まずは
   AHC20センシティブ無料サンプルでお試しください。
   どうしても試していただきたいから、送料も負担します!

※写真はイメージです。実際のサンプルとは異なります。

無料サンプルお申し込み

 

 

        
Top